せきおう丸トップページへ

舞鶴沖へ出船し、マダイ、青物、マアジなどの五目で出船!
マアジを釣りながら、漁礁のマダイや青物などを狙うため、魚種豊富に楽しめます!
初心者の方も思う存分楽しめますので、ぜひお越しください。

救命胴衣着用が義務に


【救命胴衣着用の義務化】  ⇒  平成30年2月1日施行

●三年間は救命胴衣着用の指導期間で100%着用を目標に、
海上 保安部・海上警察 など公的機関による海上検査が
予想されます。このときは注意喚起だけだと思いますが、
『さあこれから大物釣りだ!』と張り切っているところで叱られて
水を差されるのも間尺に合いませんね(^_^;)
(こんなときはキャビンの中へ退避!!!(^_-)-☆)

●三年後からは罰則規定がありますので船宿側も釣り客側も
お互いに注意しましょうね(●^o^●)


本船せきおう丸でも無料貸し出ししていますが、お客さん自身の安全・安心のためにも、ご自身にあったライフジャケットを一着ご用意されると役に立ちますね(●^o^●)

とにかく、動きやすくて釣りやすい型式のジャケットがよろしくて、各メーカーからいろいろ販売されていますが、【国土交通省・海上保安庁・警察庁】などが開催した、平成29年度安全講習会議受講時の案内によると『桜マーク』が付いている製品を勧めていましたね(●^o^●)


・ベルト式のものが動きやすくて機能的のようですね(^_-)-☆

(暑い時期に有効ですね(^_-)-☆


【どんなときに着用するのか】

  基本的に船上においてデッキ上で釣りや作業をするとき。

  その他、荒天時など天候の変化や船舶の航行及び安全の保全が充分でないとき。

    船長が着用するよう指示したとき。

    【脱いでもいいとき】

 陸上の安全な場所に降り立ったとき。

 キャビンの中や船長が指定する艫など、充分に安全が確保できるとき。

 船舶甲板上(デッキ上)で船舶と安全ロープで身体を繋いでいるとき。

 その他安全が充分に確保されているとき。

※基本的に船舶乗船時は救命胴衣の着用をお願いいたします。


【目的 】

生命の安全確保と維持を旨とし・船舶航海時と釣り作業時の安全確保を目的とする。


〔ちなみに、本船・せきおう丸でのお客さんの着用率は  義務付け前から大変高く、ありがたく思っています。〕



 ※安全ロープで身体の固定する方法もあり、夏場の暑い時には有効的です。(船宿側で具体的に検討してみます)



[Topページに戻る]